twitter(ツイッター)のフォローやつぶやきを自動化?

>> ツイッター自動フォロー&自動つぶやきソフト

[PR] アメブロ版の高機能自動化ツールが出ました。
アメブロ自動ペタ・自動読者登録ツール(予約機能付)

様々なメディアで取り上げられ、大手企業なども利用しているtwitter(ツイッター)。
オバマ大統領も大統領選でツイッターを活用し、大きく貢献したことも米国では有名で、今では日本でも様々な業種において誰もが知るような大手企業も取り入れています。

そのように、ツイッターはビジネスなど様々な場面で有効と言われていて、実績を出しているところも多くあります。

 

そんなtwitter(ツイッター)を集客やマーケティングに活用したい!
ビジネスオーナーなら誰でも思っているでしょう。

けれど・・・

ツイッターをビジネスに活用したいというユーザーも、今はまだそのような方が多いようです。
この状態って、昔もありませんでしたか?

そう、ちょうどブログが流行しだした時代もこのような感じでした。
ブログはビジネスに使えると言われ、ブログを作ったものの・・・「何をするんだ?」

もう少し時代が進むと、mixiが流行しだした時もそうでした。
でも、今はどうでしょうか?

ブログ、mixiに関してはノウハウがしっかりと確立されています。
そして、足跡ツールやマイミクツール、コメントツールやトラックバックツールといった、集客やマーケティングに活用できる様々なツールもたくさん登場しました。

では、ツイッターはどうでしょうか?
まだ日本に来てそれほど時間が経っていないため、ノウハウすら確立されていない状態です。

 

ツイッターをビジネスに活用するためには、必ずするべき2つのことがあります

まず、フォロワーを増やす
フォロワーが増えなければ、誰もあなたのつぶやきを聞いてくれません

定期的につぶやきをして、フォロワーとの関係を築く
何もつぶやいていない人が突然セールスのつぶやきをしても、ほとんどの人は読みもしないでしょう

この2つが、ツイッターをビジネスに活用するための大事な要素となります。
そして、そのためにする王道の戦略は、とにかく自分がフォローすること。フォローすることでフォローを返してくれる人で自分のフォロワーが増える。そこがまず基本です。

そう。ブログの時も、mixiの時も、いつも大変だったのはその手間です。
コメントをしてまわる、コメントに返事を書く・・・足跡をつけてまわる、メッセージを送る、メッセージを返す、マイミクになる・・・時間と手間が非常にかかるため、手作業ではとても続けられるものではありません。

中には人を雇って作業をさせていた方もいますが、人件費はけっこう高くつくものです。費用が高ければ利益を圧迫してしまう。その結果ビジネスは上手くいきにくい・・・

そのような悩みを解決してくれたソフトウェアが、コメントツールや足跡ツールなどの、自動化ツールです。

大変な作業をソフトウェアで自動化することで、かなりの手間と時間を削減できました。
人を雇う必要がないので人件費を使っていたところでは、大きな経費の削減にもなりました。

ツイッターにはそのような自動化ツールがないのでしょうか?
フォロワーを増やし、定期的につぶやきをしていく。そんなツールがあればツイッターもビジネスに活用できます。

ツイッターの自動化ツール(自動フォロー・自動つぶやき)

実は、ツイッターにも自動化ツールがあります。
mixiで有名な高機能のツールを作ったソフトウェア会社が、ツイッターの自動化ツールも作っていました。
この自動ツールを使うことで、ツイッターをアフィリエイトやビジネスにすぐに活用できるようになります。

>> ツイッター自動フォロー&自動つぶやきソフト

自動化ツールの機能

ツイッター自動化ツールは以下のような機能を備えています。

自動フォロー機能

自動つぶやき機能

さらに、ツイッターはmixiなどと違い、用途ごとに複数のIDを使い分ける場合も多くあります。
そして、この自動化ツールでは、複数のIDを使い分けることができます。

ツイッターでの集客(フォロワーを増やす)から、自動つぶやきを使って自動的にセールスや情報配信を行うことができます。

フォロワーを増やす、フォロワーに対して適切なタイミングでつぶやく、さまざまな用途によってIDを使い分けるといった機能を備えています。

 

思い出してみてください。インターネットが流行し、ブログが流行し、mixiが流行し・・・
色々とその時代の流行がありましたが、その中で一番利益を上げていたのは”いつ”参入した人でしょうか?

流行のずっと前から準備してきた人?
流行前から準備をして利益を上げた人もいるかもしれませんが、それ以上に失敗した人の数も多いでしょう。
なぜなら、”ノウハウが確立されていないから”。

自分で試して失敗して改善して、また失敗して改善してと、自分自身で繰り返し試行錯誤する必要がありました。その結果、利益を出せた人と出せなかった人にはっきり別れ、成功できたのは粘り強く苦難を乗り越えてきた一部の人だけです。

流行してからの後発組?
後発組はノウハウはしっかりと確立されていましたので、その通りにやればある程度は儲けることができたでしょう。けれど、そのノウハウはたくさんの人によって実践され、実践する人の数が増えれば「やりすぎてしまう人」が必ずでて来ます。その結果、悪いニュースなどが出てお客さんも警戒する人が増え、やりずらくなってしまうというのが実情です。

では、一番利益を上げたのは?

それは、”ノウハウが確立されだした時”にいち早く参入した人達です。

たとえばmixi。

プロフィールの文章を広告のように作りこみ、いろんな人に足跡をたくさん残していくと、足跡を見て訪問してきた人に何かが売れる、というノウハウがありました。そのノウハウが出るまでは、誰もがどうやってビジネスに活かそうかと試行錯誤をしていました。そしてそのノウハウが出たばかりの時に、いち早くそれをやっていた人達は大きく利益をあげていました。

追随して、足跡を自動でつけてまわるツールが出たとき、いち早く取り入れた人は莫大な利益を得た人もいます。

けど、今ではどちらもあまり通用しません。

足跡をクリックしてみると何かの売り込み文章、なんてことはもう日常茶飯事ですので、ぱっとみて売り込みっぽいと思われたら読まれません。

足跡ツールも、mixi側が規制をしていて足跡を付けすぎるとアカウントを削除されてしまいます。

 

初期の頃大きな利益をあげていたノウハウも、時間が経つにつれて使えなくなってしまうのです。

なぜなら、そのようなツールが流行してくると、必ず”やりすぎる人”が出てきます。ツールを使って誰かれかまわずメッセージを送りつけたり、スパムのような迷惑な売り込みコメントを大量につけたり。そうなればmixiやブログの運営者側はアカウント削除のような厳しい対処法をとってきます。そして、顧客見込みのユーザー達もやりすぎる人達の迷惑な行為に嫌気がさし、そういったノウハウ自体が使えなくなってしまいます。

 

ノウハウが確立されていないときは、どう使ったらいいのかわからない。
ノウハウが浸透しすぎると、やりすぎる人が出てきてお客さんの警戒心が高まる。
だから、ノウハウやツールが出だした頃、まだ「どう使ったらいいかわからない人」が多いくらいの時期が一番の参入タイミングです。

そして、ツイッターは今がまさにそのチャンスです。
ノウハウが出だしたばかりで、まだ実践している人が少ない今、ツールの存在すらまだ知らない人が多い今こそ、ツイッターには大きなビジネスチャンスが眠っています。

>> ツイッター自動フォロー&自動つぶやきソフト

 

有名なmixiの集客ソフトのツイッター版
先発組が大きな利益を上げましたが、今では浸透しすぎて後発組はあまり稼げない、という状態ですね。

ツイッター版なら、今はまだ先発組として参入できます。

主にアフィリエイト用に開発されたツールですが、ビジネスにもかなり使えます。
個人の方が集客から販売までして、アフィリエイトで稼ぐことができてしまうツールです。ビジネスに応用すれば強力なツールとなります。

ただし・・・
個人のアフィリエイターはスパム行為のような無茶をする人がいますので、そうなってくるとツイッター側の規制などで使えなくなってくるかもしれません。まだ十分に使える”今”が、このツールで集客をして新規顧客獲得をしてしまい、常連客の囲い込みをするチャンスです。

ちなみに、mixi版のツールはすでにあまり使えなくなっています。
あまりに多くの方がこのツールを使い、中には無茶な使い方をする人も増えたため、規制が入り、ユーザーも慣れてしまっているためです。
ツイッターも早いうちに集客をしてしまったもの勝ちです。

お願い:  有益なツールも、使い方を誤れば迷惑です。このツールを悪用しないで下さい。

 

ツイッター関連リンク集  twitter  twitterブログ  twinavi  Yahoo!カテゴリ twitter  twj  自動フォロー&自動つぶやき  有名人のtwitter